クラフトジン

クラフトジンとは

クラフトジンとはこの数年、世界的な注目を集めているジンのこと。明確な定義は無いのですが、主に少量生産で強いこだわりを持って作られたジンのことです。

大手メーカーの大量生産の定番のジンとは異なって、小規模な蒸溜所が手がけている銘柄が多いのが特徴です。





ジャパニーズクラフトジンとは

日本のクラフトジンのこと。2017年頃から多くの銘柄が出てきています。その中で注目はクラフトジン岡山、季の美などで、こうしたブランドは小規模な作り手の生産によるものですが、サントリーが造っているROKU<六>や、ニッカのカフェジンなど、大手が造っているにもかかわらず、クラフトジンに含まれるような存在もあります。

ジャパニーズクラフトジンは、ボタニカルに日本ならではの素材を使っていて、日本人らしい繊細で丁寧な蒸留、ブレンドで高品質なジンを造っています。

主なクラフトジンの銘柄

海外のクラフトジン

ジャパニーズクラフトジンの銘柄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA