蒸留酒と醸造酒の違いについて

大きく分けると、お酒の種類は蒸留酒と醸造酒に分かれます。ここでは、その2つの違いについて説明します。

醸造酒とは

醸造酒とは、原料をアルコール発酵させて作られた酒のことを指します。基本的にはアルコール発酵させた状態のままで一般的にアルコール度数は、蒸留酒に比べて低くなっています。

原料が糖分を多く含む場合は、酵母さえ有ればそのままアルコール発酵させることができます。これを単発発酵と呼び、ワイン、シードルなどが含まれます。

原料がそれほど糖分が多くない場合には、まず原料のデンプンを糖に変え、その後アルコール発酵させるのですが、これを複発発酵と呼びます。コメ、麦などの穀類を原料にした、ビール、日本酒などが含まれます。

代表的な醸造酒

ワイン
シードル
ビール
日本酒





“蒸留酒と醸造酒の違いについて” の続きを読む