ゴードン&マクファイル インディペンデントボトラーズ について

ゴードン&マクファイルとは

ゴードン&マクファイル(Gordon & MacPhail)社とは、インディペンデントボトラーズ(独立系の瓶詰業者)で、1895年創業という長い歴史を持ち、数多くのシングルモルトを世界中に紹介してきました。

ボトラーズとは、蒸留所から原酒を購入して自社で独自の熟成を行い瓶詰したあとに、自社の銘柄で販売する、或いは蒸留所の銘柄で販売するという形式の活動をする業態で、その草分けにして、現在でも最も有名な存在がゴードン&マクファイルになります。

この業態を成功させるためには、蒸留所から優れた原酒を回してもらうために信頼関係を築いておく必要が有るのですが、ゴードン&マクファイルとマッカラングレンリベットストラスアイラロングモーンモートラックなどなど、多くの蒸留所と深い信頼関係に有ることは有名です。

特にマッカランはいちどはゴードン&マクファイルに販売した原酒の買い戻しを行うこともあるそうで、その熟成技術に関して絶大な信頼が寄せられています。

“ゴードン&マクファイル インディペンデントボトラーズ について” の続きを読む

3回蒸留について

3回蒸留とは

3回蒸留とは、アイルランドで伝統的に行われているウイスキーの蒸留法のことです。スコッチウイスキーは通常は2回蒸留で、それに比べて3回蒸留を行ったニューポット(樽詰め前の原酒)はアルコール度数が高く、蒸留の過程で雑味が削られるため、軽い味わいになります。

現在、アイリッシュウイスキーで稼働している蒸留所は、一時の低迷期を脱してマイクロディスティラリーは別として、大きなものはミドルトン蒸留所、ブッシュミルズ蒸留所、クーリー蒸留所、キルベガン蒸留所とありますが、その多くの銘柄が3回蒸留を守っています。

“3回蒸留について” の続きを読む

フロアモルティングとは

フロアモルティングとは

フロアモルティングとは、古い時代のスコッチウイスキーの製法です。

スコッチウイスキーのうち、モルトウイスキーは大麦麦芽のみを原料としたウイスキーであるが、ウイスキーを始めとする蒸留酒の製法はごく大雑把にいうと、原料を酵母で発酵させて醸造酒を作り、それを蒸留していきます。この過程のうち、酵母による発酵は大麦そのままの状態では起こらず、発芽させて大麦麦芽の状態にする必要があります。

発芽すると酵素が生まれて大麦のデンプンは糖分に変わり、その糖分が発酵してアルコールに変わるのです。しかし、発芽が成長しすぎると芽が糖分を消費してしまうので、適切なところで発芽を止めなければなりません。

この一連の過程を糖化(モルティング)と呼びます。具体的には大麦を仕込み水に浸すと発芽し、成長した大麦麦芽をピートや石炭を炊きながら乾燥させて成長を止めるのですが、ここの工程でピート香と呼ばれるウイスキー独特な香りがつけられるのです。

“フロアモルティングとは” の続きを読む

国産ウイスキー(ジャパニーズウイスキー)の終売・休売情報2019.06.01

ウイスキーの終売・休売

近年になって、世界的なウイスキーブームの中、多くの人気銘柄が人気が高まったために、終売・休売を余儀なくされる状況が続いています。

特に国産ウイスキー(ジャパニーズウイスキー)は国内の人気が高まると同時に海外・特にヨーロッパでの評価、人気が高まり、深刻な原酒不足に陥っています。

ウイスキーはその製造工程に熟成という段階があって、短くても数年、プレミアム商品になると8年、12年~の間、樽で熟成させなければなりません。長いものだと20年以上も熟成させることも……。

特に人気を集める銘柄はこうした長い熟成期間が必要で、短い周期で人気(需要)が上下すると、供給が追いつかず、結果としてせっかくの人気なのに商品を売れない、という事態が発生しました。

日本のウイスキーは1980年代をピークにかなり長い低迷期を迎えており、この時期にサントリーあたりではかなりの量の樽を廃棄したそうです。このことが今になって、深刻な原酒不足の一因にもなっています。

このページでは、最近の終売・休売の情報を掲載します。今回は1回めなので少しさかのぼって掲載します。次回以降は、情報が入手できるたびに更新していく予定です。

“国産ウイスキー(ジャパニーズウイスキー)の終売・休売情報2019.06.01” の続きを読む

クラフトバーボン、プレミアムバーボン

クラフトバーボン、プレミアムバーボンとは

世界的なウイスキーブームを受け、スコッチの世界ではシングルモルトが大いに注目を集めていますが、バーボン(アメリカンウイスキー)の世界ではクラフトバーボン、プレミアムバーボンと呼ばれるものが注目されています。

このクラフトバーボン、プレミアムバーボンという言葉に明確な定義はなく、一般的には、蒸留所がこだわりを持って少量生産(スモールバッチ)で丁寧に作り上げた高品質なバーボンということで良いかと思います。

クラフトビールクラフトジンなどと並んで、クラフトバーボンという名称を使っているのは、サントリーだけのようです。

現在、ジムビームを作るビーム社はサントリーの傘下でビームサントリー社になっていて、そのビーム社で作っている高品質なバーボンを、サントリーのホームページではクラフトバーボンとして紹介しています。

その他のブランドでは一般的にスーパープレミアムバーボン、プレミアムバーボンと呼んでいるようです。

“クラフトバーボン、プレミアムバーボン” の続きを読む

ジャパニーズウイスキーとは

日本は近年は世界の5大ウイスキーの一つとして数えられるまでに発展しましたが、その歴史は他の4つの産地と比べると短いのですが、その評価はうなぎのぼりで、特に21世紀に入ってからは多くのコンクール、コンテストで金賞を受賞し、世界的に注目されています。

“ジャパニーズウイスキーとは” の続きを読む

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーとはウイスキーの五大産地の一つでありながら、日本ではスコッチやバーボンに比べるとそれほど知名度はないのですが、しっかりと個性のあるウイスキーに仕上がっています。

基本的には、日本で簡単に入手できるカナディアンウイスキーといえばカナディアンクラブぐらいですが、実際にはスコッチに次ぐ生産量を誇り、その7割がアメリカ合衆国に輸出されているそうです。

↓楽天市場でカナディアンクラブを検索↓

【同一商品12本購入で送料無料】 カナディアンクラブ 40度 700ml 正規

【同一商品12本購入で送料無料】 カナディアンクラブ 40度 700ml 正規
990 円 (税込)
評価 4.68
【同一商品12本単位でご注文のお客様へ】 本商品は同一商品12本単位のご注文で送料無料となります。 システム上、ご注文時には送料無料となりませんが、ご注文内容確認後、こちらで送料部分を修正して「御注文確認メール」にて、その旨ご連絡させていただきますのでお支払金..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

“カナディアンウイスキー” の続きを読む

アメリカ合衆国のウイスキー

このページではウイスキーの一大消費地であり、同時に世界の五大ウイスキーの産地の一つでもあるアメリカ合衆国のウイスキーについて書いています。

“アメリカ合衆国のウイスキー” の続きを読む

アイリッシュウイスキーとは

アイリッシュウイスキーとは、アイルランド共和国及び北アイルランドで生産される穀物を原料とするウイスキーです。世界の5大ウイスキーの一つに数えられていますが、お隣のスコットランドのスコッチウイスキーと比べると、かなりシェアは小さく、日本でも一般的ではありません。

しかし、近年は世界的なウイスキーブームの追い風もあり、徐々に生産量を伸ばしていて、今後に期待が持てる状況です。

法律的には、アイリッシュウイスキーは、アイルランド共和国の1980年のアイリッシュウイスキー法第1条において定められています。

“アイリッシュウイスキーとは” の続きを読む

ボトラーズとは(スコッチウイスキー)

ボトラーズとは

スコットランドではボトラーズ(インディペンデントボトラーズ)と呼ばれる業種があり、これは日本のウイスキー業界のイメージがあるとちょっと理解しにくい存在かも知れません。

シングルモルトは、単一の蒸留所のモルト(大麦麦芽のみを原料としたウイスキー)は蒸留所のオーナーが販売するオフィシャルボトルと、ボトラーズが販売するものとがあります。

“ボトラーズとは(スコッチウイスキー)” の続きを読む