ビールについて

ビールとは

ビールとは醸造酒の1つで、歴史が古く、世界中で作られているだけに様々な作り方がありますが、基本的には大麦を発芽させた麦芽をビール酵母で発酵させて造ります。

日本では麦酒と表記されています。

ビールの歴史

紀元前4千年ごろにシュメール人によって作られていた資料が最古のもので、神々に捧げられる他に人々にも分配されていたそうです。古代エジプトでは、紀元前3千年ごろにビールの痕跡があり、小麦の原産地の西アジアのメソポタミアから製法が伝わったとする説があります。

元々ビールは大麦を麦芽パンにする技術が派生して誕生したと言われており、穀類が豊富だったメソポタミアやエジプトでビール文化は生まれ発展していったと思われています。

その後、エジプトから北方ケルト人に伝わり、さらにローマへと伝わっていきました。ローマ人はビールやワインをそのまま飲むのは野蛮人の習慣としてあまり受け入れませんでしたが、ゲルマン人のフランク王国になるとヨーロッパ全土でビールは盛んに作られるようになりました。

中世にはビールは修道院が醸造するようになり、技術の発展が見られるようになり、11世紀ごろに修道院でホップを使う製法が始められ、15世紀ごろ迄にはドイツのビールはホップで作られるようになっていきます。

さらに15世紀中頃にはラガービールの製造も始まり、19世紀には酵母の研究が進んで、上面発酵と下面発酵の技術が確立しピルスナービールも生まれます。





“ビールについて” の続きを読む

泡盛とは

泡盛とは

泡盛とは、沖縄(琉球諸島)で作られる蒸留酒のことです。米を原料に、黒麹菌を用いた米麹で糖化して、酵母で発酵させた醪を蒸留するという製法で作られます。

特に3年以上熟成させたものを古酒(クース)と呼びます。

税法上は泡盛も焼酎も同じ扱いになっています。





“泡盛とは” の続きを読む

生もと造りと山廃造り

生もと造りとは

生もとも山廃も日本酒の製造法の1つで、生もとは現存する酒造りの技法の中でもっとも伝統的といわれます。ひじょうに手間が掛かるため、明治に山廃、速醸もとが考案され、生もとは廃れましたが、最近になって再評価されています。

生もと造りのためには生もとのための酒母という自然の乳酸菌のちからで雑菌を排除し、酵母が活動しやすくするもの。そのために山卸しという米をすりつぶす作業を行います。

この酒母という乳酸菌を手作業で造るのが生もとで、現在の技法に比べると、格段に難しく時間もかかります。





“生もと造りと山廃造り” の続きを読む

日本酒とは

限定特価 (送料無料) 人気希少銘酒 新潟の地酒 久保田 千寿(吟醸酒) 越乃寒梅 (白ラベル) 八海山 720ml×3本 越乃寒梅 日本酒 飲み比..

限定特価 (送料無料) 人気希少銘酒 新潟の地酒 久保田 千寿(吟醸酒) 越乃寒梅 (白ラベル) 八海山 720ml×3本 越乃寒梅 日本酒 飲み比..
4,455 円 (税込)
評価 4.73
※一部地域への配送は追加送料が必要となります。 ギフト対応「食事と楽しむ吟醸酒」を 目指した穏やかな香りと柔らかい口当たりの飲み飽きしない味わい。 冷やはもちろん燗にも適したお酒です。 アルコール度数:15度 日本酒度:+5 原料米:五百万石 精米歩合:55% 蔵元:朝日酒..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

日本酒とは

日本酒とは、米、麹、水から作られる清酒で、醸造酒の1つである。

酒税法上の定義では、

  1. 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
  2. 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品[3][4]を原料として発酵させて、こしたもの
  3. 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

となっています。

また名称上の分類では、普通酒、特定名称酒(本醸造酒、純米酒、吟醸酒、大吟醸酒)と別れます。

そしてその分類がさらに細かく別れます。

その他にも生酒、生一本、樽酒、ひやおろしなどの製造上の違いから名称が変わる場合もあります。




“日本酒とは” の続きを読む

粕取り焼酎(酒粕焼酎)とは

粕取り焼酎(酒粕焼酎)とは

粕取り焼酎(酒粕焼酎)とは、原料に日本酒を作った際の副産物である酒粕にもみ殻を混ぜて、せいろ式の蒸留器で蒸留して作ったものです。元々、九州の筑後には粕取り焼酎を作る文化があったのですが、かなり個性の強い焼酎でした。

しかも、第二次大戦後のほんの短い間でしたが、劣悪な闇焼酎のことをカストリと呼んだこともあって、粕取り焼酎のイメージは非常に悪くなりました。本来の粕取り焼酎は、特に工業用エタノールやメタノールを混ぜていたことも有るカストリとは全く別物なのですが、今で言う風評被害ですね。

本来の粕取り焼酎も、癖が強いこともあり、次第にあまり飲まれなくなっていき、一時はほぼ消え失せた焼酎になってしまいました。粕取り焼酎のような固体を元にした蒸留法は日本では他に見ませんが、中国や東南アジアに広くあるもので、本来は泡盛と同じように長い歴史のある焼酎でした。





“粕取り焼酎(酒粕焼酎)とは” の続きを読む

黒糖焼酎

黒糖焼酎とは

黒糖焼酎は鹿児島県の奄美群島で造られる、米麹とサトウキビからとれた純黒砂糖を原料に醸造して、単式蒸留した焼酎を指します。
奄美大島酒造協同組合の地域団体の商標であり、奄美群島限定でのみ製造が許されています。

焼酎はシャム(タイ)から琉球経由でもたらされたとする説が有力で16世紀頃にはすでに日本で焼酎が造られていたと言われます。その焼酎の先祖の製法技術に、奄美大島での改良が加えられて現在の黒糖焼酎が生まれたと言われます。





“黒糖焼酎” の続きを読む

米焼酎

米焼酎とは

米焼酎とは米を原料にした焼酎で、代表的なものでは沖縄の泡盛と、熊本の球磨焼酎があります。

球磨焼酎は白麹菌でつくった米麹に水を加えて醪にして、アルコール発酵させたものを蒸留、熟成させたものが一般的です。

芋焼酎麦焼酎そば焼酎と並んで4大商中の1つになり、熊本が本場といわれています。





“米焼酎” の続きを読む

麦焼酎

麦焼酎とは

麦焼酎とは麦と麹から作られる焼酎のこと。

元はほとんど米麹を使っていましたが、最近では麦麹を使うものも多くなっています。

麦は芋ほどではないものの、一般的には原料の香りや匂いがかなり強く出るものでしたが、最近では減圧蒸留を採用することで、大麦の良い香りのみを残したスッキリとしたものが増えています。




“麦焼酎” の続きを読む

そば焼酎

そば焼酎とは

そば焼酎は、原料にそばの実を使った焼酎で、麹で醸造した原酒を蒸留して作られます。

全量をそばで作ったものや、お米を混ぜて作られるもの、或いは麹までそば100%で作らえたものだど、いろいろなそば焼酎があります。





“そば焼酎” の続きを読む

芋焼酎

について

芋焼酎とは

芋焼酎とは、甘藷(さつまいも)を主原料にした焼酎のことです。芋は世界中で栽培されている作物ですが、直接に蒸留酒の原料として使われるのは芋焼酎ぐらいになります。

芋焼酎に使うさつまいもは水分が多くて長期の貯蔵には耐えられず、酒の原料とはなりにくいと言われ、新鮮な原料が確保できる産地の近くが芋焼酎の生産地になります。

そのため、現在でも芋焼酎といえば鹿児島、宮崎のあたりでほとんどの芋焼酎が造られています。




“芋焼酎” の続きを読む