ジャパニーズウイスキーとは

日本は近年は世界の5大ウイスキーの一つとして数えられるまでに発展しましたが、その歴史は他の4つの産地と比べると短いのですが、その評価はうなぎのぼりで、特に21世紀に入ってからは多くのコンクール、コンテストで金賞を受賞し、世界的に注目されています。




“ジャパニーズウイスキーとは” の続きを読む

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーとはウイスキーの五大産地の一つでありながら、日本ではスコッチやバーボンに比べるとそれほど知名度はないのですが、しっかりと個性のあるウイスキーに仕上がっています。

基本的には、日本で簡単に入手できるカナディアンウイスキーといえばカナディアンクラブぐらいですが、実際にはスコッチに次ぐ生産量を誇り、その7割がアメリカ合衆国に輸出されているそうです。

↓楽天市場でカナディアンクラブを検索↓

【同一商品12本購入で送料無料】 カナディアンクラブ 40度 700ml 正規

【同一商品12本購入で送料無料】 カナディアンクラブ 40度 700ml 正規
990 円 (税込)
評価 4.72
【同一商品12本単位でご注文のお客様へ】 本商品は同一商品12本単位のご注文で送料無料となります。 システム上、ご注文時には送料無料となりませんが、ご注文内容確認後、こちらで送料部分を修正して「御注文確認メール」にて、その旨ご連絡させていただきますのでお支払金..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop




“カナディアンウイスキー” の続きを読む

アメリカ合衆国のウイスキー

このページではウイスキーの一大消費地であり、同時に世界の五大ウイスキーの産地の一つでもあるアメリカ合衆国のウイスキーについて書いています。





“アメリカ合衆国のウイスキー” の続きを読む

アイリッシュウイスキーとは

アイリッシュウイスキーとは、アイルランド共和国及び北アイルランドで生産される穀物を原料とするウイスキーです。世界の5大ウイスキーの一つに数えられていますが、お隣のスコットランドのスコッチウイスキーと比べると、かなりシェアは小さく、日本でも一般的ではありません。

しかし、近年は世界的なウイスキーブームの追い風もあり、徐々に生産量を伸ばしていて、今後に期待が持てる状況です。

法律的には、アイリッシュウイスキーは、アイルランド共和国の1980年のアイリッシュウイスキー法第1条において定められています。





“アイリッシュウイスキーとは” の続きを読む

ボトラーズとは(スコッチウイスキー)

ボトラーズとは

スコットランドではボトラーズ(インディペンデントボトラーズ)と呼ばれる業種があり、これは日本のウイスキー業界のイメージがあるとちょっと理解しにくい存在かも知れません。

シングルモルトは、単一の蒸留所のモルト(大麦麦芽のみを原料としたウイスキー)は蒸留所のオーナーが販売するオフィシャルボトルと、ボトラーズが販売するものとがあります。





“ボトラーズとは(スコッチウイスキー)” の続きを読む

ヴァッテッドモルト(ブレンデッドモルト)とは

ヴァッテッドモルト(ブレンデッドモルト)とは、複数の蒸留所で作られたモルトウイスキー(大麦麦芽で作ったウイスキー)をブレンドして作ったモルトウイスキーです。
一つの蒸留所で作ったモルトウイスキーがシングルモルト。複数の蒸留所で作ったモルトウイスキーにグレーンウイスキー(とうもろこし、小麦などの穀類と麦芽を原料にしたウイスキー)がブレンデッドウイスキーと呼ばれ、この2つが現在のスコッチではメインになっていますが、ヴァッテッドモルトはその中間的な存在です。

ヴァッテッドモルトは、別名ピュアモルトとも呼ばれていますが、これはブレンドはしているけどモルトのみで作られているという意味を込めたもの。
もともと、シングルモルトといっても一つの樽からのみ作られるわけでは無く、同じ蒸留所の複数の樽の原酒をブレンド(ヴァッテッド=vatted)しているので、これまでのヴァッテッドモルトも最近の品評会などではブレンデッドモルトという呼び方に変わっている例も数多くあります。(ちなみに一つの樽から瓶詰めされたものはシングルカスクと呼ばれます。)




“ヴァッテッドモルト(ブレンデッドモルト)とは” の続きを読む

アイランズ・モルトとは

アイランズ・モルトとはスコットランドのアイラ島以外の島にある蒸留所で製造されているものをさします。具体的には、オークニー諸島、ルイス島、マル島、ジュラ島、アラン島に蒸留所がそれぞれ存在しています。




“アイランズ・モルトとは” の続きを読む

キャンベルタウンモルトとは

キャンベルタウンはスコットランドの西側、キンタイア半島先端に位置する港町です。この地域はアーガイル地方と呼ばれ、セーターなどの定番柄のあーがいる柄の語源になっています。キャンベルタウンはもともと、この地方の有力な一族であったキャンベル家にちなんで名付けられたそうです。
キャンベルタウンは20世紀初頭にはスコッチウイスキーの生産の中心地の一つになりました。最盛期にはこの小さな街に34もの蒸留所が存在し「世界のウイスキーの首都」と呼ばれていたそうです。当時、キャンベルタウンは大西洋航路の船舶の寄港地であり、ウイスキーの一大消費地である北米への輸出に好立地であったことから、こうした成功をみました。




“キャンベルタウンモルトとは” の続きを読む

ローランドモルトとは

ローランドモルトは、スコットランドのローランド地方の蒸留所で生産されるシングルモルトです。ローランド地方は北のグリーノックという町と、東のダンディという町を結ぶ線より南側で、地理的にはイングランドに近く、エジンバラやグラスゴーなどの大きな都市が集中しています。

スコッチウイスキーの歴史は18世紀前半までは密造の歴史であり、人が少なくイングランドから遠いハイランド地方は多くの蒸留所が生まれましたが、ローランドはそうしたわけにはいかなかったということなのでしょう。





“ローランドモルトとは” の続きを読む

スペイサイドモルトとは

スペイサイドは、スコットランド北東部、ハイランド地方のスペイ川流域の地区を指します。スペイサイトはブリテン島で一番高い山が連なっていて、スペイ川はグランビアン山脈の北方のスペイ湖を流れ出して蛇行しながら、スペイ湾とキングストンを河口で北海に流れ込みます。

スコットランドには100前後の蒸留所がありますが、そのうち半分近くがこのスペイサイドのスペイ川流域に集中しており、スコッチを代表するシングルモルトを多く生み出しています。

スペイサイドは、スコットランド北東部、ハイランド地方のスペイ川流域の地区を指します。スペイサイトはブリテン島で一番高い山が連なっていて、スペイ川はグランビアン山脈の北方のスペイ湖を流れ出して蛇行しながら、スペイ湾とキングストンを河口で北海に流れ込みます。

スコットランドには100前後の蒸留所がありますが、そのうち半分近くがこのスペイサイドのスペイ川流域に集中しており、スコッチを代表するシングルモルトを多く生み出しています。




“スペイサイドモルトとは” の続きを読む