カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーとはウイスキーの五大産地の一つでありながら、日本ではスコッチやバーボンに比べるとそれほど知名度はないのですが、しっかりと個性のあるウイスキーに仕上がっています。

基本的には、日本で簡単に入手できるカナディアンウイスキーといえばカナディアンクラブぐらいですが、実際にはスコッチに次ぐ生産量を誇り、その7割がアメリカ合衆国に輸出されているそうです。

↓楽天市場でカナディアンクラブを検索↓

【同一商品12本購入で送料無料】 カナディアンクラブ 40度 700ml 正規

【同一商品12本購入で送料無料】 カナディアンクラブ 40度 700ml 正規
990 円 (税込)
評価 4.67
【同一商品12本単位でご注文のお客様へ】 本商品は同一商品12本単位のご注文で送料無料となります。 システム上、ご注文時には送料無料となりませんが、ご注文内容確認後、こちらで送料部分を修正して「御注文確認メール」にて、その旨ご連絡させていただきますのでお支払金..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop


カナディアンウイスキーの歴史
カナディアンウイスキーの主要銘柄

カナディアンウイスキーの特徴

カナディアンウイスキーはカナダの法律により穀類のみを原料として麦芽のもつデンプン分解酵素によって糖化して、酵母によって発酵させて、カナダ国内で蒸留し、容量180リットル以下の樽で熟成を行い、最低でも3年以上の熟成期間を置かなくてはならないとされています。、原料は主にとうもろこし、ライ麦、大麦麦芽などを使っており、法的には原料の使用割合は任意。

ただし、カナディアンウイスキーの異名ともなっている、ライウイスキーまたはカナディアンライウイスキーを自ら名乗りたい場合は後述のフレーバリングウイスキーのライ麦の使用比率が51%以上でなければなりません。

カナディアンウイスキーはフレーバリングウイスキーとベースウイスキーの2タイプの原酒が存在して、その2つをブレンドしたものがカナディアンブレンデッドウイスキー、いわゆるカナディアンウイスキーになります。

フレーバリングウイスキーとは、その名前の通り香り付けのものでライ麦などの麦類を主原料に連続式蒸留器で蒸留します。ライ麦特有のスパイシーなフレーバーが持ち味になっています。

ベースウイスキーはとうもろこしなどを主原料に連続式蒸留器で蒸留したもので、マイルドで癖がなく、フレーバリングの土台となるためにベースウイスキーと呼ばれます。

一般的にはベースウイスキーが9割程度で残りがフレーバリングウイスキー。ベースの割合が多くなるとそれだけ癖が無くなって飲みやすさは増しますが、個性も無くなるようです。バーボンやフルーツブランデー、酒精強化ワインなどを添加することもあります。

味の特徴は、一般的には「軽くて、飲みやすい」と言われており、最近はその飲みやすさが評価されて、生産量が上がっています。また、日本のバーなどではカクテルベースとして使われることもおおいようです。

カナディアンウイスキーの歴史

カナダでのウイスキーの生産はアメリカ合衆国よりも遅く、1769年とされています。それ以前の17世紀後半頃からビールを造っていた醸造所に蒸留器を併設してウイスキーの生産が始まったと言われます。

アメリカの独立戦争後になって、独立に批判的なイギリス系移民がカナダに移住してライ麦や小麦の生産を始め、余剰穀物ができたことからウイスキーを作る業者が増えてきました。

この頃のカナディアンウイスキーは「one day whisky」と呼ばれるような低品質なもの(蒸留後に熟成を行わずすぐに出荷するようなウイスキーという意味)でした。

この頃はだいたい、五大湖の周辺のオタワ、モントリオールあたりが中止となっていました。

1920年、最大の消費地であったアメリカ合衆国で、禁酒法が施行されて、アメリカ人は自国産やアイリッシュウイスキーを呑んでいたのが、急に飲めなくなってしまいます。カナダも輸入禁止措置が取られましたが、地理的に密輸が容易であり、またアメリカの蒸留業者が集まってきたこともあり、当時のカナダは「アメリカのウイスキー庫」と呼ばれるようになっていきました。

この頃は、オンタリオ州だけでも200箇所を超える蒸留所があり、北部に住むアメリカ人は休日に自動車で国境を超えてカナダで酒を買い求めるという光景も珍しくなかったそうです。この時期にはカナダの国家収入の3割がウイスキー産業によってもたらされていたという試算もあります。

1933年に禁酒法が廃止されても、ウイスキーは長い熟成期間が必要なこともあり、アメリカのウイスキー産業はすぐに製品の出荷ができず、その空白期間にカナディアンウイスキーは地位を確固たるものにしていきます。

特にハイラム・ウォーカー社とシーグラム社が、そのもっとも成功した例で、アメリカやスコットランドの蒸留所を買収して、単なるカナダの会社という枠を超えた存在へとなっていきます。

第二次大戦後もカナディアンウイスキーの栄光は続きますが、80年代以降、世界的な蒸留酒市場の低迷に加え、カナダ国内で厳しいアルコール規制が始まり、風向きが変わります。

カナダはアルバータ州を除くほとんどの州でアルコールの販売が規制されて、酒屋はすべて州が運営することとなり、価格の80%以上が税金となって、ウイスキーの消費は低迷していきます。

現在のカナディアンウイスキーはハイラム・ウォーカー蒸留所とシーグラム社の造ったギムリ(クラウンローヤル)蒸留所、アルバータ蒸留所、カナディアンミスト蒸留所が有名ですが、外国資本の傘下になっているものも多くなっています(これはどの国でも同じ傾向にありますが)。ただ、独立資本で活動する小さな蒸留所が、少しずつ増えてきていて、新時代を迎えつつあることを感じさせます。

カナディアンウイスキーの主要銘柄

ハイラム・ウォーカー

サゼラック社

ギムリ蒸留所(クラウンローヤル蒸留所)

アルバータ蒸留所

バートン蒸留所

センチュリー蒸留所

センチュリーリザーブ

ハイウッド蒸留所

センテニアル

カナディアンミスト蒸留所

カナディアンミスト

* * * * * * * * * * * * * * * *
楽天市場でカナディアンウイスキーを検索。

1 2 3 4 .. 39

アルバーター プレミアム 750ml 40度 正規輸入品 カナディアンウイスキー kawahc おひとり様1本限り

アルバーター プレミアム 750ml 40度 正規輸入品 カナディアンウイスキー kawahc おひとり様1本限り
1,799 円 (税込)
評価 5
※購入履歴からのキャンセル及び修正について 当店では楽天APIにより在庫管理されているため、ご注文のタイミングによって、お客様自身での購入履歴からのキャンセル、修正を受け付けることができませんので再度、ご注文内容に間違いがないことをご確認の上、決済されること..

カナディアンウイスキー カナディアン クラブ 20年 サントリー 750ml 1本

カナディアンウイスキー カナディアン クラブ 20年 サントリー 750ml 1本
12,782 円 (税込)
商品名 カナディアンウイスキー カナディアン クラブ 20年 サントリー 750ml 1本 メーカー サントリー 容量/入数 750ml / 1本 Alc度数 40% 国(産地) カナダ モルト 準備中 蒸溜所 準備中 備考 商品説明 「C.C.」の愛称で世界中で愛されているカナディアンウイスキーの代表..

[箱入][箱凹み] クラウン ローヤル 40度 750ml【 ウィスキー 洋酒 お酒 ウイスキー カナダ カナディアンウイスキー カナディアンウィス..

[箱入][箱凹み] クラウン ローヤル 40度 750ml【 ウィスキー 洋酒 お酒 ウイスキー カナダ カナディアンウイスキー カナディアンウィス..
1,750 円 (税込)
評価 4.88
CROWN ROYAL こちらの商品は輸入時に箱に凹みがある商品があります。 ご了承の上ご購入ください。 1939年にイギリスのジョージ6世が英国王として初めてカナダを訪れた際に献上品として生まれたプレミアム・ウイスキー。 エレガントな香りとまろやかな舌触りが特長です。 ---..

1 2 3 4 .. 39

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

* * * * * * * * * * * * * * * *
ヤフーショッピングでカナディアンウイスキーを検索。

1 2 3 4 .. 35

カナディアンウイスキー カナディアンクラブ ウイスキー カナダ 1750ml

カナディアンウイスキー カナディアンクラブ ウイスキー カナダ 1750ml
5,129 円
カナディアンウイスキー カナディアンクラブ ウイスキー カナダ 1750ml

カナディアンウイスキー カナディアンクラブ ウイスキー カナダ 1750ml

カナディアンウイスキー カナディアンクラブ ウイスキー カナダ 1750ml
5,129 円
カナディアンウイスキー カナディアンクラブ ウイスキー カナダ 1750ml

シーグラム VO カナディアンウイスキー 750ml

シーグラム VO カナディアンウイスキー 750ml
2,250 円
タイプ:カナディアンウイスキー容 量:750ml度 数:40度原産地:カナダ

1 2 3 4 .. 35

CS Shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA