羊革について

羊革の種類

羊革は、大きく分けて「ラム」「シープ」の2種類があり、いずれも羊革として表記されます。牛革と比べて薄くて軽く、しなやかで柔らかなのが特長です。
その特長を活かし、革靴、レザージャケット、革手袋などに使われます。

ラムスキンについて

生後1年未満の羊の革がラムスキンと呼ばれます。
毛穴が小さく、表面のきめも細かくしっとりと手に吸い付くような感触が魅力です。特に生後半年程度の革をベイビーラムと呼びます。





“羊革について” の続きを読む

コードバンとは

コードバンの特長

コードバンとは農耕馬の臀部からとれる革素材で、通説ではイスラム期のスペイン・コルドバ地方特産の鞣しヤギ革に似ていることからそう呼ばれるようになったと言われますが、アルゼンチンのコルドバ地方の革素材という説もあり、はっきりとは判りません。

現在のコードバンは農耕馬の臀部の分厚い革の厚さ2ミリ程度のコードバン繊維を裏側から削りだし、仕上げたもので、一頭の馬からごくわずかしか取れず、また、その硬質な素材感とツヤ感から「革のダイアモンド」と呼ばれる貴重品です。

コードバンをなめすことができる業者は世界でもごく僅かしか存在しておらず、有名なところではアメリカのホーウィン社、日本の新喜皮革などが有名です。

特にホーウィンのシェルコードバンは、製造過程でオイルをたっぷりと含ませ、染料で色を付けたもので、その独特な美しさは多くの革製品ブランドで採用されています。




“コードバンとは” の続きを読む

馬革素材について

財布、かばんなどの革製品に使われる素材は牛革が一般的ですが、それだけではなく馬革・豚革など様々な動物の皮革も使われます。
このページでは、馬革素材(ホースレザー)について特集しています。





“馬革素材について” の続きを読む

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーとは、イギリスで千年以上に渡って続く、伝統的な製法です。元々は馬具用として使われていた素材です。
ブライドル(Bridle)とは、馬の手綱や馬銜という意味。
牛革の中でも身の詰まった丈夫な部位である「ベンズ」や「ショルダー」をタンニンで鞣して、その後長期間かけてブライドルグリースという油脂を染み込ませて作ります。




“ブライドルレザーとは” の続きを読む

牛革の素材の特長。カーフスキン、キップスキン、ステアハイドなど

このページでは、牛革素材の種類について調べてみました。主に元になった牛の年齢によって違いがあります。

ハラコ

ハラコとは胎児から生後間もない仔牛の革です。他の素材との最大の違いは短い毛がついていることで、かなり珍しい素材で市場ではあまり見かけません。
靴では婦人ものの高級パンプスなどがほとんどで紳士ものではあまり見かけません。財布や革小物などに使われることが多いようです。

ハラコの特長

ハラコは胎児の皮を素材にするため、繊細で傷がなくすべすべで柔らかく、短い毛がついていることも有って独自の風合いがあります。同じ柄のものが存在しないことも特徴です。
しかし、革が薄く、強度も高くないので、優しく扱うことが前提になります。

ハラコのお手入れ

基本的にはブラッシングになります。毛が傷んでしまうので、通常の汚れ落としや艶出しは使えません。ブラシはホースブラシがおすすめで、毛並みに沿って優しくブラッシングしていきます。

↓ヤフーショッピングで「ホースブラシ 靴 手入れ」を検索↓

カーフ

カーフとは、生後半年以内の仔牛の革です。通常、使われる牛革の中では、カーフがもっとも上質とされています。

カーフの特長

カーフは成牛の革と比べてキメが細かく柔らかで軽いのが特長です。ハラコほど繊細ではありませんが、やはり丈夫とは言えない素材です。
靴のアッパー素材、かばん、財布などの小物などに使われます。





“牛革の素材の特長。カーフスキン、キップスキン、ステアハイドなど” の続きを読む

インジェクション製法とは

インジェクション製法とは

インジェクション製法とは、加熱して溶かした材料を金型に流し込んで成形品にする製法です。インジェクションモールド製法とも呼ばれます。

底材の材料はポリウレタンや塩化ビニールで、あらかじめ制作した靴のアッパー部分に金型を設置してアッパー部分との結合と靴底の成型を同時に行います。




“インジェクション製法とは” の続きを読む

セメント式製法とは

セメント式製法とは

セメント式製法とは靴の製造方法の中では一番簡便で、コストも掛からない製法です。紳士靴の主な製法としてグッドイヤーウェルト製法マッケイ製法などご紹介してきましたが、これらの製法は糸で甲革と底材とを縫い合わせるという点で同様なものであり、その縫い方の違いから製法の違いが生まれています(雑な説明ですが)。

それに対し、セメント式製法は甲革、中もの、中底を靴の形に整形し、接着剤で底材を圧着するというものです。接着剤と底材の進化によって、この製法は拡大し、最初は婦人靴の製法でしたが、紳士靴にも広がっていきました。

私がその昔に靴売り場で勤務していた頃には、だいたい1万円前後ぐらいまでの紳士ビジネスシューズはこのセメント式製法で作られていました。





“セメント式製法とは” の続きを読む

マッケイ製法とは

マッケイ製法とは、靴の代表的な製法の1つで、グッドイヤーウェルト製法と並んで、多くのメーカーで採用されています。

マッケイ製法の歴史

マッケイ製法とは、イタリア生まれの伝統的な靴の製法で、イタリア・マルケ地方に伝わるものが原点で、本確定な製法として確立されたのは1858年。
アメリカ・マサチューセッツ州のライアン・ブレイクがマッケイ製法用の機械を開発して、その後ゴードン・マッケイが機械の権利を買い取り、改良を加えてマッケイ製法を作り上げました。





“マッケイ製法とは” の続きを読む

グッドイヤーウェルト製法について

グッドイヤーウェルト製法は、本格紳士ビジネスシューズに採用されることが多い靴の製法です。
ハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる手縫いの製法を元に開発し、米国のチャールズ・グッドイヤー2世がそれを機械化して1879年に特許を取得しています。
米国で生まれた製法ですが、世界中に広まり、特に英国の本格紳士靴を代表する製法として有名になりました。
日本ではリーガルスコッチグレインなどが採用しています。

グッドイヤーウェルト製法の縫い方

中底に貼り付けたテープのリプと呼ばれる部分に甲革、裏革、細革と呼ばれる帯状の革を縫い付けて、その細革とソールを縫い合わせるというものです。
ソールと甲革を直接縫いつけないので、その分重く硬い印象ですが、履き慣れると履きやすく、通気性も良いものが多くなっています。





“グッドイヤーウェルト製法について” の続きを読む

ドレッシーなショートブーツのデザイン

紳士もののショートブーツ(くるぶしよりもちょっと深い部分まで)のデザインのご紹介です。カジュアルブーツ、ドレッシーなブーツと分けてご紹介しますが、今回はドレスブーツのご紹介です。
基本的にスーツのパンツの裾で覆われると足先の方は普通のビジネスシューズと見た目で変わらないようになっているものがほとんどです。




“ドレッシーなショートブーツのデザイン” の続きを読む